西洋宗教

西洋宗教の代表であるキリスト教は大きく分けて2つに分かれます。
カトリックとプロテスタントです。
この2つは同じキリスト教でも思想が全く異なります。
私達は非常にメタな視点でこの2つの宗派を俯瞰していきます。

カトリック

カトリックの特徴は「三位一体」です。
論理は掘り下げれば様々ですがこの思想を受け入れることがカトリック信仰の全てになります。
父と子と聖霊の論理は非常に密教的なテイストで、教義である思想のみならず「奇跡」も含めることでカトリックの魅力を説明します。
聖人認定という概念も現代からすると強烈な密教です。

プロテスタント

プロテスタントは16世紀、カトリックの協会体制に抗議した宗教改革運動によって生まれました。
その代表となるマルティン・ルターの論理は「三位一体」への抗議であって、それはカトリックの全てを否定する論理とも言えます。
キリスト教徒すべてに聖霊が宿る論理のはずが、ローマ法王や神父の権威と化している事実に反発したのです。
プロテスタント神学は密教というよりも顕教にあたる思想は非常に洗練されており、その抽象度は絶対にインストールすべき価値を有しています。

ユダヤ教

ユダヤ教は唯一神ヤハウェを信仰する古い歴史を持った宗教です。
その中でも派が分かれ旧約聖書を重んじる派とタルムードを重んじる派が存在します。
ユダヤ教は神を「唯一神」と表現しておりますが、実際の論理を考えてみると柔軟な面が見えてきます。
キリスト本人とも深く関わる宗教としてカトリックやプロテスタントをレクチャーする上で重要なポジションにあります。

西洋宗教とコーチング

現代における最新のコーチングスキルと西洋宗教のLUBを学んでいきます。
同時に私がクライアントに対して密教的な働きかけを行っていきます。